FC2ブログ

                       好きなコトをタラタラとww

行ってきたの('ω')ノ

今日は仕事だったのですが、木曜日から珍しく道東方面に二泊三日で行って来てました
一泊目は網走でカミさんの友達に会いに、二日目は阿寒湖温泉で一泊の行程、ここしばらくの遠征とは違い、マトモ(笑)な旅行でしたよ。

ここ最近の天候はちょいと悪かったので写メを撮っても大したモノは撮れなかったのですが、移動する者としては暑くなく動きやすかったです

20190728 (2)
霧で有名な摩周湖の見える美幌の道の駅でこう (´・ω・`)

20190728 (1)
宿泊先の阿寒湖だってこう (´・ω・`)
まぁ、ご飯が美味しかったし温泉も良かったので自分としては良かったのですがw

それと何か所か道の駅を巡っていたのですが、今回一番気になったのがここ
20190728 (5)
道の駅 あいおい

そこで売られている クマヤキ というお菓子(要は大判焼き)が気にりましてね。道の駅からしてこのクマヤキ推しwwが良いです

20190728 (4)
本命のクマヤキは豆乳たっぷりの生地で焼いて、粒あんが基本。他に豆乳クリーム入りとか、タピオカ入りとか、生クリーム&粒あんの四種類あります
今回は豆乳クリームの「ヒグマ」と生クリーム&粒あんの「ナマクマ」を購入、意外とあっさりで食べやすかったです

20190728 (3)
それと勢いに乗って買ってしまったクマヤキTシャツw
改めて思うけど自分、黄色系がツボなんでしょうねぇ~これを着るのが楽しみです♪

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2019/07/28(日) 22:32:14|
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頑張れヽ(・∀・ )ノ水性ホビーカラー③(終)

水性ホビーカラーの(自分なりの)おさらい目的で作っている
HGガンタンク

今回は本命の塗装は終わらせて仕上げ的なモノに入るのですが、ちょっと実験的にこういうの
20190724 (1)
水性ホビーカラーでの塗装後のスミ入れの実験として、プラ板に適当にスジ彫りして番号をふったものを用意しました。

まずは
20190724 (2)
そのままスジボリしたものにガンダムマーカーの流し込みスミ入れペンを流したもの
拭き取る前ですけど、彫った部分がガタガタしているのでスミの入りはちょっと悪いかったかな?
スジ彫りした後で流し込み接着剤でコーティングすれば良いそうです

20190724 (3)
そのコーティングしたのが確かにスミの入りは良かったです。
で、は塗装してからスミ入れしたもの
は先述のスミ入れペンを使ったもの。素組用ですから塗装が剥げてしまうのですよね (´・ω・`)
もっとしっかり乾燥させれば違うかもですが・・・
で、は従来自分がしている「筆ペンでスミ入れ」
まぁ悪くはないのですが、筆ペンのインクが塗装に滲んでしまう事があるのですよ (´・ω・`)

20190724 (4)
そこで
塗装面にクリアを吹いてコーティングしてみました
はまたスミ入れペン やはり塗装が剥げてしまいます
は筆ペン これだけでは塗装面が滲むかどうかはイマイチ分からんですね
で、なのですが、以前みた誰かのブログにあった水彩絵の具でのスミ入れ
そこそこ薄めて筆でなぞって余分なトコを拭き取りました

良いカンジじゃないですかヽ(・∀・ )ノ
スジを彫り直さないとスミがスーッと入りませんが、余分なスミがスジに入ってくれるしスミが塗装面を弾いて拭き取りやすい♪

20190724 (5)
これならもしかしてと試した
塗装してそのまま乾かしてスミ入れしてみました。
うん、イケるww
これなら実用レベルだと思うです

そんなワケでスミ入れをしてつや消しを吹いて仕上げたガンタンク
20190724 (6)
完成ですヽ(・∀・ )ノ
ムラなく塗れたと思いますがねぇ~
口(?)のスミ入れが綺麗に出来て満足ww

20190724 (10)
機体色が濃いから分かりにくいですが、ちゃんとスミが入ってます

20190724 (9)
あと、水彩絵の具だから過信してつや消しを吹きすぎると流れちゃいますね(下半身の排気口の間あたり)。 (´・ω・`)キヲツケネバ


こんなカンジで出来上がった今回。結論として
「下地(下処理)をしっかり施す」「少量ずづ伸ばしながら塗る」を守れば水性ホビーカラーでもイケる
で良いのではないでしょうか
ガンタンクのはの下半身も塗れたからこれで良いと思うのですが・・・
補足として「重ね塗りする時はしっかり乾かしてから」「薄めたら乾くのに時間がかかるし厚ぼったくなる」「明るい発色をしたいなら下地は明るく、暗い発色ならその逆」
と、言えると思います

まぁ、上手な方は既に知っている事でしょうね~

それと水性ホビーカラーが塗装面でのスミ入れ
これは水彩絵の具推奨ですねw 他に良い方法が生まれるかもですがww


あとはウォッシングですか・・・
基本、設定どおりに作りたい人だからあまり好きではないのですがねぇ~
イメージとしては「水で薄めた(薄め液では塗装を溶かす成分が増えるのでX)水性ホビーカラー」でいける気がするのですがどうなんでしょ???

まぁそれは次回の講釈でwww

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/24(水) 23:23:59|
  2. HGUCガンタンク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頑張れヽ(・∀・ )ノ水性ホビーカラー②

最近は選挙は期日前投票で済ませております('ω')ノ

さて今回作っている1/144 HGガンタンク
まぁ今回は塗装、水性ホビーカラーの「自分なりの使い方」のマトメなのでキットよりホビーカラーの話がメインですんで組み立ての話は端折ります(爆)w

一応、継ぎ目はいわゆる”ムニュ”をすると接着剤が乾くまで日にちがかかるので流し込みの速乾性のセメント(ミスターセメントSP)で隙間を埋める程度で接着して、どうしても隙間が埋まらなければ瞬間接着剤で隙間埋めしてます
あと、肩はパットと言うか、肩アーマーは挟み込み式だったので、ちょっと削ってアトハメ加工をしました

で、塗装の話

改めて水性塗料と言うか、ホビーカラーの特徴を挙げると~
・水洗いできる
ホント後片付けが楽♪ 乾いても台所(レンジ用)洗剤で落とせるし、乾く前(エアブラシの片づけとかも)ならセスキ水でもキレイに出来るのが良いです
・刺激臭が少ない
ゼロじゃあないんですよね~(;´∀`)、それでもシンナー臭よりよっぽど良いし、居間でも作業出来るのが良いです
・乾くのが遅い
ラッカー系より遅いのは明白ですね (´・ω・`)、塗った翌日でも乾ききってなくて指紋がついちゃうのが度々・・・
・隠蔽率が低い
特に明るい色だと顕著ですね。でもこれは黄色とか隠蔽率が低そうな色だったら他の塗料でも同じような…?
でも、暗めの色だと結構隠れてくれてます

っとまぁ、よくあるけどこんなトコでしょうねぇ~
要するに、隠蔽率が低くて乾きが遅いけど暗めの色だとしっかり塗れて手入れが楽
ってトコでしょうか

そして、よく言われる水性塗料の塗り方として
水や薄め液で薄めて薄く何度も塗る
ってのがありますけどコレ、結局厚く塗らさって乾くのが遅いのですよね (´・ω・`) 厚ぼったくなるし・・・
何度かこれを試してみても時間がかかるしどうも納得いかない

それじゃと思ってやってみました
厚く薄く塗る

実は前に使っていた、エアータッチスプレーでは、塗料は薄めて吹くより濃いめで一発で吹いた方が良かったのですよ。
じゃあ、筆でもイケるんじゃね? っと言う事でやってみました。

DSC_0747.jpg
塗料をよく混ぜたら少量パレット(自分はアルミ箔ww)にとって塗料がダレない程度に筆に含ませてこすりつけるカンジで塗る
塗料による筆の引っ掛かりが筆が止まるほどになり始めたら水を少量混ぜて伸ばしてまた塗っていくってカンジです

大体、塗料がダレてモールドが埋まらない様いけば良いかな・・・そう上手くは行きませんが (´・ω・`)

プラ板で試したらこう
DSC_0749.jpg
かすれてますよね

これの乾いていない時にまた塗ったら乾き始めて定着し始めた塗膜が剥がれてしまうのでダメ、乾かしてからまた塗ると・・・
DSC_0750.jpg
こうなります
結構塗りつぶされてるでしょ
しかも無駄に薄めていないから、乾くのは結構早いです。
これを繰り返せばムラが少なく(無いとは言わない)塗る事が出来ます

それと隠蔽率の件
試しにプラ板に黒とシルバーを塗って充分乾かして上からコバルトブルーを塗ると
DSC_0751.jpg
同じコバルトブルーでもこの色合いの差って分かりますかね?
これだけ差が出るって事は、パテなどで違う色合いのモノがあると塗装の差がでるって事ですよね
厚く塗り重ねたらこの差は無くなるかもですけど、薄く塗りたいならサフを吹いたりの下地作りって大事って事が分かると思います。

逆にこれを利用して、明るい色合いにしたかったら、下地に明るい色(シルバーお薦め、隠蔽率も高い)で下地を作って塗りたい色を重ねると良いと思います。

っという事で(自分なりに)まとめると…
水性ホビーカラーは下地で色を整えてから普通(~濃いめ)に少量ずつ薄く塗って、しっかり乾かしてからかすれたりムラになった箇所を埋める様に塗る
~なら綺麗に塗れるのではないでしょうか
「しっかり乾かす」のと「薄く塗る」がポイントですね。
筆はコシが強いのが良いですよ~

DSC_0752.jpg
とりあえず、これでキレイに塗れている(ハズ)です♪

あと気になっているのはスミ入れとウォッシングなんですよね (´・ω・`)
水性ホビーカラーにこれらを施すのにどうすれば良いのか・・・色々試します><

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/20(土) 01:14:15|
  2. HGUCガンタンク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頑張れヽ(・∀・ )ノ水性ホビーカラー①

ウチはプラモ制作は自宅の居間の一角で作っていて、そのプラモは大抵家電量販店で買っているのですが、そういう環境だと使える塗料は水性塗料になるワケでして、値段的にも手に入りやすいのはクレオスさんの水性ホビーカラーになるワケですよ。

その水性ホビーカラーが材料の入手困難云々の理由で10月末に生産終了するそうです (´・ω・`)
まぁ、代わりに新価格で性能の上がった水性カラーが出るそうですけどね。

これはこれで楽しみなのですが、今まで長年お世話になった現水性ホビーカラーの自分的なマトメをしようと思います。
で、今回作るのはコチラ

20190713 (1)
HGUC 1/144ガンタンクですヽ(・∀・ )ノ
練習含めて色々手ごろでしょw
てなわけで早速作るのですが、ちょっと試したかった事があるのですよ。

20190713 (2)
よく制作する前に中性洗剤で洗って汚れを落としたり塗料を塗りやすくするとかあるそうですが、それなら最初から表面を荒らしておけばいいんじゃね? っと思って・・・

20190713 (3)
先につや消しスプレー(油性)を吹いてみました
・・・画像じゃわかんねー (´・ω・`)
これが功となるかは分かりませんがやってみます(笑)

で、仮組したのがコレ
20190713 (4)
まぁ、細かいパーツや履帯はおいおい作っていくとして、今回は成形色を活かすので接着して隙間が出来たら瞬間接着剤で埋めていきます。
コックピットはメンドイからキャノピーは見えなくしておこうかな。
筆塗装かエアブラシ塗装かはおいおい決めていきます

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/13(土) 20:13:54|
  2. HGUCガンタンク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アガーイヽ(・∀・ )ノ⑥

はい完成しました
1/144アッガイまずは見ていただきましょう

これこのとおり
20190706 (1)
まぁ悪くはないんではないでしょうかw
もちろん自画自賛ですがww

結局やった事は~
20190706 (3)
・各関節(肩・股・膝・足首と)と右爪のアトハメ加工
・肩と股関節周りを動きやすく
・首を回転と(一応)上下に動く
・後ろのバーニアにそれっぽいバーツを追加

~とシンプル(?)な改修でした

あぁあと、
腿部分を裏返して本来の膝部分を関節っぽくした
~っという姑息(?)な事もしましたっけww

本当は肘関節も何かしようと悩んでいましたが、「あまりお金をかけない」というルール上とかえってゴチャゴチャになりそうでやめたのですが、結果コレで良いと思っています。

それで製作途中で難儀したのは、まずは接着剤によるヒケ
一般的な接着剤やリモネン系のではしばらくしたらヒケちゃいますね (´・ω・`)しっかり数日乾かさねば…
それとプラ部品がHGと比べると薄いのですね。
だから肩や股関節のパーツを切り取って形成する時には割れてしまわないかとヒヤヒヤしながら作ってました。
あと頭部側面の継ぎ目消し
微妙なモールド(?)があるので結構潰してしまいましたorz

逆に発見と言うか、面白かったのが下地にシルバーを使ったコト
しっかり元の形成色を消してくれるし、このシルバーの上に塗ると明るく塗れますね
これは今後も使えそうです


で、HGアッガイと並べてみると・・・

20190706 (8)

ギミック云々はHGに敵いませんが、アニメオリジナルっぽさで言うと今回の方がソレっぽいのではないでしょうか♪
うん、これも自画自賛ですよw

20190606 (7)
少なくとも、仮組のあのままよりは良いと思っています♪


「続きを読む」でもうちょい詳しいことなど♪

続きを読む

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/06(土) 22:15:48|
  2. 1/144 アッガイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ